WiMAXでどれくらい通信費を節約できるの?

MENU

WiMAXでどれくらい通信費を節約できるの?

WiMAX最大の特徴は、なんといっても「高速モバイル通信サービスにもかかわらず、速度制限が適用されない」という点にあります。

 

WiMAXは、主に携帯電話会社から提供されているLTE(4G)や3Gといった回線と異なり、どれだけ使用しても通信制限や通信制御が行われません。そのため、LTEや3Gのようにデータ使用量を気にしながらインターネット接続したり、大容量のデータ通信に不安を感じる必要がないというメリットがあります。つまり、光やADSLと同様に、本当の意味での「使い放題」が可能なインターネット接続サービスなのです。

 

そのため、WiMAXは、自宅や行動範囲内で十分な速度が出る場合、光やADSLを廃止してWiMAXで一本化することも可能となります。また、WiMAXを併用することで、スマートフォンのパケット通信料を大幅に軽減できるケースもあります。
そこで、このページではWiMAXユーザーがどの程度通信費を削減できるのか、モデルケースを挙げながらご説明していきたいと思います。

 

モデルケース1 WiMAX+ iPhone5ユーザーの場合

自宅回線:WiMAX (月額3880円 UQWiMAX)
iPhone5:LTEプラン 980円+ユニバーサルサービス料3円(本体を一括購入・最低維持費)
合計:4863円

 

この契約の場合、自宅でのインターネット接続をWiMAXに一本化しているため、光やADSLが不要となっています。

 

さらに、外出先でiPhone5を使用する際も、WiMAXを使用したWiFi接続を行えるため、高額のパケット定額プランへ加入する必要がありません。
そのため、自宅・外出先で、データ量を気にせずインターネット接続を楽しめるにも関わらず、月額4863円で運用が可能となっているのです。

 

モデルケース2 自宅光回線+ iPhone5ユーザーの場合

自宅回線:auひかりマンション 3,990 円
iPhone5:4615円〜(本体を一括購入・年間割引適応・パケット定額込)
合計:8605円~

 

これは「固定回線+スマートフォン」という契約の中でも、かなり低価格に抑えられたパターンとなっています。
この契約の場合、自宅のネット接続は光回線、iPhone5は携帯電話会社が提供する3G・LTE回線での接続となるため、パケット定額料金が上乗せされています。

 

 

 

この2つのモデルケースにおける料金差は、3800円弱とかなり大きなものとなっています。
同じようにPCやiPhone5を利用できるネット環境を構築しているにも関わらず、これだけの差が出るのは驚きですよね。
この通信料金の差こそが、「WiMAXがお得!」と言われる証拠なのです。